「和」の効用


日本家屋で和室に、こたつで日本酒の熱燗、天麩羅や刺身の和食、そして檜風呂。イメージするだけで胸がときめくのは何故だろう?洋間は元来、狩猟民族達が考案したもので、基本概念は相互不信社会の中で生活できる場、であるから、ロックできるドアーは侵入者を防ぐために内側からテーブルや椅子を積み上げて、ブロックできるよう内開きになっている。ベッドに寝て、部屋の中でも靴のままなのはすぐに逃げられるための名残である。
 洋間が我々日本人を癒すことが出来ないのは、洋間自体の成り立ちがそもそも和室と180度違うからに他ならない。和室には「和」の訓読みがそのまま当てはまる。やわらぎ、なごみ、あえる。あえるとは、複数のものがそれぞれを活かしながら、新たなものを作り出す。そこには争う気配は微塵もない。あるのは共存、共栄、共生である。
?Gg[???ubN}[N??

2022年4月26日